スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゅうちゅうタコかいな 2

世の中には、タコを釣る仕掛けがある。

たこを狙って釣りをするおんちゃんもいっぱいおる。

でも、市販で買ったら仕掛けが一つ7~800円する。

海底に生息するタコを狙う釣りでは、根掛かりによって仕掛けをなくしやすい。

つまり、一つ仕掛けをなくしたら数百円がなくなってしまう。

それじゃ、お店でタコを買ったほうが安くあがってしまうことになる。

もちろん、なくさないようにやるのが技術だけど。

なくすこともしばしばある。

そのたびにでかい損失をしていたら、たまったもんじゃない。


僕の釣りは、生活に密着していて、道楽では決してない。

食べもんを得るために釣りをするのに、無駄な投資をしてたらなんの意味もない。

だから、いかに安く自分の手で作るか、っていうのが僕の中での一つのキーでもある。

『ないものは、自分の手で創り出す。』

失敗しながら、よりよいものを生み出していく。

それが、僕の生き方の基軸にある。


先日、偶然堤防であったおんちゃんが使ってる手製のタコ仕掛けのすごいことすごいこと。

ぱっと見ただけで、知恵の詰まった宝箱なのが見て取れた。

そりゃもう僕は大興奮だったよ。

だから、しつこくくらいついて観察させてもらった。

ほんとうにすごいから、その技術を自分のものにしたいと僕は強く思った。

そしたら、根負けしたのか、気に入ってくれたのか、若僧にぽつぽつ語ってくださった。

ひとつ、40円もかからずに拵えるそうな。

こんな道具で、こんな方法で作りんさい。

と、作り方を教えてくれた。

『この仕掛けをひとつやるから、見本に持って帰り。』と、そこまで言ってくれた。

その気持ちが、とっても嬉しかった。

でも、さすがにそこまでしてもらったら申し訳ない。

だから、丁寧にお断りした。

でも、その日のうちに作り道具を構え。

そして先日、見よう見まねで。

やけどをしながらも自分なりに作ったのだった。



よし!

タコ釣りいくべ!って思ってたけど。

先週の大雨のせいで海に真水が多く流入し。

真水を嫌うタコを釣るには悪条件が続いてた。

そこそこ天気が続き。

久しぶりに今日はしごとだったから、前におんちゃんにお会いした海のそばへ。

さっそく、以前の堤防に行ってみた。

すると、あのおんちゃんそこにいた。

どうやら、最近やっとタコがアタりだしたようで、毎日来てるそうだ。

昨日は二つ釣ったという。

話すうちに、

『仕掛け作ったか!』

と聞かれ。

『作りました~!!』

と答えると。

『ほうか~!!ちょっと見せてみい!』

『はいっ!!』

仕掛けを手に渡すと。

『こりゃ上等やかー!上手にできとらぁ。』

とニコニコしながら褒めてもらえた。

そりゃ嬉しかったなぁ。

ほんで、今からそのおんちゃんもタコを狙うというから、僕も隣でやらせてもらうことに。

そのおんちゃんは、冬は猟をしてるそうで、エサにはイノシシの脂身を使ってた。

タコの好物はエビやカニ、小魚。

でも、雑食だからなんでも食べる。

だから、地域によってはブタの脂身を使ったり、らっきょうを使ったりする。

共通しているのは、そう。

白いということ。

ここにもなにか不思議があるのですね。


僕は、えさは何も買ってきてないので、その場でまずカニ探し。

テトラポッドの間で、素手でカニを捕まえる。

タコが普段食べているものを目の前に差し出したら、躊躇なく喰らいついてくる。

でも、現地でエサを調達するには、能力がいるし労力がかかる。

だから、みんなは普通はスーパーで買ってきた魚や、疑似餌という偽物のえさで狙う。

でも、圧倒的に食いがいいのは、生きた、その場にいるエサ。

そうしてエサのカニを捕り、仕掛けを海中に放り込んで一投目。

すぐさまアタリ(タコが仕掛けを食ってる信号)がきた。

一瞬で神経が張り詰める。


きた!

頭の中が、身体の感覚が研ぎ澄まされる。

狙い通りタコがエサを喰った!

隣でタコを狙うおんちゃんに、声を掛ける。

『来たで!!』

『ほんとか!?』

『うん!ちょっと待ちよってよ!』

後は、タイミングを見計らってアワセを入れなきゃならん。(アワセは、力を込めて釣り糸を引っ張り、針をしっかり
獲物にかける意味がある)

これが遅いと、穴に潜られたり、エサだけ齧られたり。

これが早いと、タコの身体に針が刺さらず、空振りしてしまうのだ。

だから、勘で水中のタコのご飯を食べる様子を予測し、ここぞ!っと思うタイミングで力いっぱい竿を立てて糸を手繰る。

ひたすら、手繰る。

なぜなら、タコには脚があり、手がある。

魚には、ない、足がタコにはある。

これがあるから性質が悪い。

この脚で海底にへばりつかれたら、滅多なことじゃ上がってこなくなる。

もし張り付かれたら、人の負けだ。

タコのしなやかで力強い筋肉は、半端でないから。


だから。

エサに夢中になって、海底にへばりつくのを忘れてひたすら齧っているときに針にかけ、そしてすぐさま海底からひっぱがす。

もしもたもたしてたらずるずる穴に入り込み、決して出てこない。

だから、ひたすら糸を引っ張って海底から浮かせるのだ。

これが、タコ釣りの醍醐味でもある。

そうして、とうとう水面にタコが浮いた。

それを見て隣から声が上がる。

そして、一気に堤防の上まで放り上げる。

そして、目の間をナイフで刺し、神経を切って締める。

これで、やっと一息。


顔をあげると、にこにこ笑顔のおんちゃんと目が合った。



初めてお会いし、仕掛けの作り方を教えて貰い。
自分の力で作り上げ。
そして今日再度お会いし。
出来具合を報告し。
エサを己の手で獲り。
それでタコを獲った。

これは、二人でこの一杯のタコを釣ったようなものだ。

僕は、ほんとうに嬉しかった。

がっちりと握手を交わし。

そこに、言葉なんかなくても通じるものがあった。


そして、その一匹に二人ともチカラが入った。

一匹釣れたということは、他にもおることが多いからだ。

また、タコは夫婦でおることが多いから、まだいる可能性が高い。

そこで二人で集中し、再度狙う。

数分後、僕の竿に再度アタリが来た。

冷静に対処し、この一匹も無事針掛かりさせて海底から引っ剥がした。

水面に浮いた姿はさっきよりデカイ。

これには、おんちゃんも興奮気味。

もちろん、僕もそうだった。

『おんしゃあ若いにやるにゃ~』

“にゃあ~”というのは語尾につける土佐弁。

という言葉を貰った反面、僕にはひとつ閃いた。

これは、場所がいいとか腕がいいとかじゃない。

連続で僕の竿にだけアタリが来たのは、タコがカニを求めているからだ。

ということに気づいた。


若僧に仕掛けの作り方を教えて、若僧が喜んでるまではいい。

でも、その小僧ばかり釣れて自分が釣れなかったら、なんかしらの気持ちが沸き起こるはず。

悔しいとか、自分も釣りたいとか。

そもそも、おんちゃんが仕掛けを教えてくれなかったら僕はタコが釣れていない。

だから、僕にできる範囲で何かしたい。

そこで、『おんちゃん、ちょっと待ちよって~』

とだけ言い残し、再度カニを捕まえにそそり立つテトラポッドの中に行った。

『危ないからやめちょけ!!』

と言われた。

でも、『大丈夫!』

とだけ答えた。

もちろん、滑り落ちて腕にヒビを入れたこともあるし、怖い思いを何度もした。

だからこそ、テトラポッドをなめてはいない。

でも、経験を積んでて、落ちないような脚を運ぶ技術がある。

かといって慢心はしていない。

恐る恐る、でも確実に。

そして、水に浸かりながらも無事カニを捕まえた。

それを持っておんちゃんに。

『これ使ってや、おんちゃん』

『これがたぶん一番タコがアタル。仕掛けを教えて貰ったお礼やき、遠慮なく使ってや。』

そして、おんちゃんも素直にそれを受け取って使ってくれた。


数分後、おんちゃんの竿が大きく曲がった。

そして堤防の上に放り投げられたのはいいサイズのマダコ。

そして、すぐにまた僕の竿に来た。

これも同じサイズ。

と思ったら、またおんちゃんの竿が曲がってる。

そして、少し小ぶりのマダコが上がった。

『こりゃやっぱり生きたカニがええのぉ~!』

と笑いながら言うおんちゃん。

それを見て、素直に嬉しかったなぁ。

やっぱり、世の中はもちつもたれつなんよね。

だから、何かをして頂いたら、有難うという言葉だけでなく、自分にできる範囲で相手のために何かしたい。

それで、いいと僕は思う。

これであのおんちゃんに次また会ったとき、お互いに話ができる。

こうして、つながりが生まれる。


それは、誰とでもというわけではない。

やっぱり、相手によって選んでしまう。

それは、相手の佇まいから無意識のうちに感じ取ってしまうもの。

だから、自分で納得できる生き方をしていたいと僕は思うのだ。


今日のタコさんたち。





DVC00015.jpg


DVC00017.jpg


DVC00016.jpg


DVC00011.jpg

DVC00013.jpg
DVC00018.jpg


これっくらい元気いっぱいで、素朴で、うまいもんを、みんなが求めてる。

それは、自然のものだから。 と僕は思う。
スポンサーサイト

海にて



こうして、海に向かって糸を垂れる。

足場は悪い、テトラポッドの上。




目は、波間を見渡し、小魚の動向を冷静に見守る。


静かに、かつ、集中してそのときを待つ。



突然、ピシャピシャ言いながら。


小魚が水面を走り回る。


これは、小魚を大魚が追っていることを示す。


逃げ場がなくなった小魚は、必死に逃げようとした挙句、空中に飛び出してしまう。


そんなときこそ、最大のチャンス。

小魚のサイズを見極め、その大きさと色に合う疑似餌を即座に選択。


水中の捕食魚の動きを推測し、迅速に疑似餌を投げて操る。


偽物の疑似餌が、まるで生きているかのように。


そして、弱って苦しみもがきながら漂っているかのように操る。


見破られたら、永遠に音沙汰はない。



全神経を釣り竿の先に集中し、魚からのコンテクトがあった刹那。


鋭く合わせを入れ、針を魚の口にガッチリ掛ける。

そこからが、第二の勝負。


必死に糸を引っ張って逃げようとする魚。


力比べをしたら弱い糸は切れてしまう。

相手が逃げるときには糸を出し、相手が息継ぎのために休む瞬間に間髪いれずに糸を手繰る。

しかし、慌ててまた魚が走ったら、釣り糸を送り出す。


竿と糸を通しての命のやりとり。


こめかみに、汗が溢れる。

そうして数分後、魚が水面にぬおっと浮かぶ。


そして、水際まで降り、口を掴む。





おっしゃあ。


やっと、安堵の息をつける。


静かに、勝利に酔えるひととき。



しかし、そこですぐさま血を抜く。

ひとで言えば肺、魚の場合は鰓(えら)を切る。

ここはもっとも血が通う場所。


そして、すぐさま腹を割って内臓を出す。

取り出した内臓をよく見ると。


心臓がまだ動いている。

拍動に連動して、血が血管からぴゅっ、ぴゅっとと飛び出て、腕に掛かる。




命を奪った瞬間。

血に染まった腕で、魚体を掴み、クーラーに入れて氷で締める。



こうして、しっかり鮮度処理を行い。


家に持ち帰り美味しく頂く。


命を奪う以上、美味しく頂くのが礼儀。

僕らの血となり、肉となる。


命を無駄に終わらせず、受け継いでいく。


こうして僕らは、様々ないのちを頂いて、生かされている。

雨降ったら

雨降ったら、地固まる。






だけじゃなくて、ずんずんタケノコが出る!














つい20分まえに採りたて♪






今日の晩御飯~

へいっ お待ち!

釣りたてのうまいお魚さんを捌き

gyu__convert_20100523213815.jpg


手の熱が伝わらないように、そして身が崩れないようにささっと握り

hey__convert_20100523213834.jpg

ほいっとお皿に載せて

sushi_convert_20100523213855.jpg

完成



福寿司、うまい魚が入り次第オープン致しまする。




酒が飲みたい人には、

ageage_convert_20100523213739.jpg

揚げたての皮の空揚げもついてくるよ~

教授とはちとり

昨秋。

僕は、教授の方々とはちとりに行きました。

知恵を受け継いでオオスズメバチと遊ぶ学生に先生たちは興味深々。

『刺されない』のであれば、是非やってみたいとのこと。

その日集まったのは、僕の研究室の教授と、文化人類学の教授、そして社会学の教授と奥さん、そして僕。

いずれも僕がお世話になっている、先生方。

いつもは教壇の上から講義をしてくれる先生たちに対し、今日は僕が先生。

先生たちに、『言う事をしっかり聞いて、守ってください。』といくつかの約束を伝え、山に入った。

あまりの恐怖に直面すると、動揺のあまり勝手な行動に出てしまうことがある。

それは、本能で忌避行動をしてしまうものだから自分で止められない可能性もある。

でも、その勝手な行動が命取りになりかねない。

だから、必ず言う事を守ってもらう。

そこらへんの遊びと違う。

守るべきところが守れない人は話にならない。


口で言うのって、軽く聞こえる部分もある。

でも、自分の実体験をもとに話をすると、説得力と重みが言葉にある。

話を聞くときの先生たちの目は、真剣だった。


巣の側に着いた。

オオスズメバチを刺激しないように、巣から離れた場所で着替える。

まずは、上下二枚の合羽を着てもらい、長靴を履いてもらう。

そして、覆面を被せ、首にはタオルを巻いて防御対策をしてもらう。

秋とはいえ、太陽がガンガン照りつける中で、合羽を二枚。

先生たちが、興奮しているのが見える。

顔から滴り、光る汗。

熱いからか、恐怖による脂汗か。

蟾」縺ョ蜑阪〒貅門y・育捩譖ソ縺茨シ・(2)_convert_20100114155007




オオスズメバチの巣は、地中にある。

だから、まずはひたすら僕がノコギリ鎌で掘っては穴を拡げ、巣の中にいる成虫を捕まえてはひたすら容器に入れる。

巣は見えても、巣の大きさ以上の幅の穴を掘らなきゃ取り出せない。

これが半端でなく大変。

身体を肩から突っ込んで、巣を出す。

汗はダラダラ。

筋肉は硬直して、吊りそうになる。

でも、先には目的があるから、単なる穴掘りとは違う。

しんどいけど、目的があるから頑張れる。

蟾」蜿悶j蜃コ縺・(25)_convert_20100114154713


巣を出したら、やっと一息つける。


蟾」蜿悶j蜃コ縺・(33)_convert_20100114154512

僕の後ろでは、怒ったハチが飛び回る。

巣を僕に掘られ、怒り狂った彼らは動くものに、手当たり次第に飛びつき針を突き刺す。

そりゃそうだ。

家を盗まれるんだもの。

先生たちの役割は、スズメバチをラケットで叩きつぶすこと。

最初に僕が手本を見せる。



ガチガチガチ


羽音とともに聞こえてくるこの音。

顎を鳴らして、威嚇している。

そして次の瞬間。

パンッと合羽から音がして、衝撃が残る。

気づいたら、空を舞うオオスズメバチに飛びつかれているのだ。

服の上に合羽二枚着たら、まず針は通らない。

針が皮膚に通っても、そんなひどいことにはならない。

それは頭の中で分かっているつもり。

でもその瞬間は、4歳から体験してても未だに冷や汗が出る。


先生も挑戦。

でも、怖くて腰がひけるから叩けない。

へっぴり腰になる。

軽く当てただけだと、余計オオスズメバチは怒って戻ってくる。

叩き潰す。

それが、一番大事。

空振りした瞬間、毒を霧のように出しながら飛びついてくる。

それが目に入ろうもんなら、ヘタしたら失明。

ちょっぴり入っただけでも止まらない涙。


痛いなんてもんじゃない。

空を飛び回るハチを目で追い、必死に叩こうとする先生。

半端でなく怖いはず。

怒声をあげて闘う先生たち。

それを横目で見ながらひたすら巣を掘る僕。

蟾」蜿悶j蜃コ縺・(4)_convert_20100114154352

上の写真、先生の顔の右横に浮かぶ黒っぽいもの。

それがオオスズメバチ。

先生の死角から、狙っている。

その後、見事に先生は飛びつかれて悲鳴をあげていた。

計、1時間くらいだろうか。

先生たちには安全なところまで戻ってもらい、僕は最後の一仕事。

巣の周りに残ったオオスズメバチたち。

彼らをみんな叩き潰す。

一羽を叩いた瞬間、周りの空間にホバリングしている彼らは一斉に僕に飛び掛る。

恐怖を押し殺し、目の前のハチを倒す。そこに生きている実感。

巣をとると、そこに残ったスズメバチは怒っている。

もし誰か通ったら、襲いかねない。

それで農家の方が刺される事故が毎年起きている。

だから、巣のあったとこにできる限り親蜂を残さないのが父の教え。

穴も、当然埋める。

それができなきゃ、山で遊ばせてもらう資格はない。




闘いは終わり、合羽を脱いだ先生達は汗だく。



でも、いい顔してた。

全力でやり切った、かおしてた。


興奮冷めやらぬまま。

車に乗って、大学に戻る。

みんなで輪になって、お疲れ様。


きれいな六角形の巣穴。

分度器も定規も使わずに、巣穴を形成するハチたち。

芸術のよう。

中には、びっしり埋めつけられた卵。

鮟呈スョ蝨乗」溷燕縺ォ縺ヲ蟾」縺ョ隱ャ譏・(12)_convert_20100114155447


右側に突き出た針。

僕の手がごつすぎて分かり難いかな。

鮟呈スョ蝨乗」溷燕縺ォ縺ヲ蟾」縺ョ隱ャ譏嗣akudai+_convert_20100114155324

文化人類学の先生が見るまなざしが本気だった。

先生は何を思ったのだろう。

謌ヲ縺・・蠕・(13)_convert_20100114155139



巣を獲ったら、ここからが新たな始まり。


幼虫とサナギ、これを佃煮にして食べる。


うまい。


ただその一言。


食が溢れたこの時代にも喜んで食べられ続けている理由。

高たんぱくの栄養源。

いなかの、知恵を持った限られた人だけが口にできる食材。

鮟呈スョ蝨乗」溷燕縺ォ縺ヲ蟾」縺ョ隱ャ譏・(8)_convert_20100114155551


それが、オオスズメバチ。



『福田、また連れてってくれ~!』

御年、60歳にもなられる教授が。

たかだか20過ぎの僕にこういう。


そんなおもしろさが、ハチとりという文化にはある。
プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。