スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅と赤

季節が先へと進むにつれて。
山を彩る色合いも変わる。
そんな景色の移ろいも、なんとなくすきだ。



道端に、山グミが紅く頬を染めていた。

もうちっと霜が続いたら、甘みがぐ~んと増して。
鳥たちが集まってくるんだろうな。

DSC_8559.jpg



ガマズミ。
果実酒にしたら、うんと美味しい。
漬けようと思って採っていたら、カラスがえらい騒ぎよった。
大事なおやつを盗られると思ったんかいな。


DSC_8544.jpg


そうそう。
珍しいお客さんが、ひょっこり我が家に来てね。
嘴を真っ赤に染めちょった。


DSC_8597.jpg


家の前のさくらんぼの樹で、メジロを狩ったらしい。
だけどよっぽどおっちょこちょいだったみたいで。

ヒヨドリ除けに掛けてあったネットに足が絡まって。
羽ばたいて暴れ回ってえらい騒ぎだったから、写真だけ撮ってそうっと放ったんじゃけど。

まだお礼に来んなぁ。
スポンサーサイト

今年の初物。

猟師になって二年目、ようやく先月11月15日に猟が解禁となりました。
下見を終えてワナを仕掛ける段取りが整ったのが、11月18日。

出足がちょっと遅れてしまっていたうえに、最初の二箇所で空弾きを二回もしてしまいました。
掛ける道の選別ができているという喜びの一方で。
仕掛けの落ち度に対するかなりの落胆。
複雑な気持ちでした。

山を変えて仕掛け直し、30日に今期最初のイノシシ。

DSC_8477.jpg


山から担いでくるのを大学時代からの友人が手伝いに。
重かったろうに、ご苦労さまでした。


手がかじかむ寒さの中、投光機をたいて解体。

皮むきはとても難しく。
まだ脂の乗りが薄いというのに、皮に脂を残してしまい。
また時間をかけて脂を削ぎ落とす手間が掛かりました。



DSC_8486.jpg


そりゃ直刃はイカン、皮剥ぎナイフのような丸刃でないと。
という意見も頂きました。

道具もあるかと思いますが。
実践が足り無すぎることを、情けない程に痛感し。
上手くなりたい、そう強く思いました。



3.jpg



小分けした肉たちは、お客さんが遥々訪れてくださったときや仲間で集まるときに頂こうと思います。
今年も無事に、いいイノシシを仕留められたことに感謝です。

プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。