スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチの駆除

先日、住んでいる地区の役所からの依頼で獲った巣。
種類は、コガタスズメバチ。




おばあちゃんが畑へ通う道の横にあり、刺されてから巣の存在に気づいたとのことでした。

相談を受けて現場に駆け付けた役場の方の話によると。
繁みの中から蜂が出入りするのは見えるものの、巣の位置が特定できず苦労されたそうです。
そこで、電話を頂きました。


蜂の駆除というと、市販の殺虫剤や蜂用の薬剤をイメージされる方も多いと思います。
でも今の僕には、薬剤を安易に用いることが怖い。
離れた所から噴霧できるものもありますが、薬も使い方だと思っていて。
掛ければいいってもんではないと思うのです。


蜂の駆除で一番大切なことは、巣を除去することではないと僕は考えています。

*巣と同時に、女王蜂と働き蜂を残さず捕まえること。

これが、もっとも大切だと思っています。
女王蜂を逃がしてしまうと、たいてい近くに巣を再構築するので当然駄目です。
次に、働き蜂を残らず捕まえないとどうなるか。

家を奪われた働き蜂の攻撃性は高くなり、ちょっとしたことでも攻撃を加えるようになります。

例えば、シワを無くすために洗濯物をパタッ、パタッとしただけでも。
散歩中の人や家主が、巣の在り処の傍を通りかかっただけでも。
それだけも、刺すこともあります。
刺されなくても、威嚇のために耳元まですっ飛んで来たときの羽音は半端でなく怖いです。

僕が言いたいのは、適切な処理をしないと。
巣をとったことでより危険性が高まるということです。
この二次被害が多いのです、蜂の駆除には。

ここで、先ほどの薬剤の話に戻ります。
巣を獲る際に薬剤を使うと。

①全身に薬を浴びて下に落ちて死ぬ蜂。
②瀕死の状態で飛び去って、巣から離れた場所でのたれ死ぬ蜂。
③少しだけ薬剤を浴びて、驚きと苦しさで逃げ去り、ほとぼりが冷めた頃に巣の在り処に帰る蜂。

簡単に言うと、このように別れます。
怖いのは、この③番。

駆除を終えて数時間後、はたまた次の日以降。
続々とかえってくる訳です。

もちろんこの中には、遠方で狩りをしていたため帰還が遅くなった蜂もいます。
これらも、巣のあった場所に帰りつくと異変を感じ、攻撃性が高まります。



今の僕の手法は、生獲りです。
細かい手法はおいておくとして。

巣が見えている場合は、すっぽりと巣をビニールで覆います。
藪の中の場合は、入口に栓をして内部から蜂が流出するのを防ぎ、手早く袋を被せます。
巣を取り外すと、袋の口を閉めて置いておき。
巣のくっついていた根元を削りとります。
これを残しておくと、そこに帰ってきた蜂が集まってしまうので。

後は、30分から一時間程度の時間をかけてその場で番をして、帰ってくる蜂をひたすら捕まえます。
(この際、一旦は巣を離れた働き蜂もすぐ戻ってきます。薬剤を使うと、この時間がより長くなるということです。)


それから、2、3匹の生きた蜂を捕まえ、毒を出します。
その毒を用いて、残った蜂を一か所に誘因します。
仲間のもがく姿と毒の成分は、巣に帰ってきた蜂を強く寄せる力があります。
あとは、1日置いてトラップを回収。

そうすると、ほぼ全ての蜂がトラップに捕まります。
それで初めて、その場所が安全となる訳です。


結局、いまの手法になったのも蜂がすきだから。
すきですきで仕方がないから、いい仕事をしたいのです。
たとえ時間が掛かろうとも。


とても怖いのだれけど。
その営みと姿を尊敬もしており。
愛おしくも感じている。
僕にとって蜂は、そんな存在です。

蜂追いという文化の中に育ち、師匠達と共に蜂を追い続けてきたことで。
生きた知恵がつき、次第に技術がつきました。
修士論文もスズメバチの捕獲と利用で書き。
卒業を終えたいまも、技が進化しています。


おかげで近頃、ちょくちょく駆除の仕事を頂きます。
受ける以上、きっちりと(いい仕事)をします。
結果として、少しずつ声を掛けて頂くことが増えてきています。

技を活かして、きちんとお金を頂いて。
その上に喜んでもらえるなんて、ありがたいことだなぁと思います。
スポンサーサイト

ククリワナのこと。

ワナ猟を始めたのは一昨年のこと。

興味を持ち始めてから、実際に免許をとって今に至るまで。
様々なワナの仕掛けに出会いました。

猟をしている方に、直接見せて頂いたもの。
本を読んで、学んだもの。
インターネットで公開されている写真を、食い入るように見ては盗んだもの。

結局してきたことといえば。
人の仕掛けを見て、可能な限りそれを真似して。
自分で思うところは手を加え。
改良できた!、と思っていい気になってたら、それが余計にワナの出来を駄目にしてしまっていたり。

いろんな人の、いろんな持論に出会い。
実際にワナを掛け始めてから、幾度となくイノシシに見破られ。
“なにくそ!”と思い直してはまた掛けての繰り返しです。

正直に言うと、毎年かっちりと獲っている人のワナ仕事を見たい、という気持ちはあります。
一方で、一度見てしまったらそれに頼ってしまうんじゃないか、という不安もあります。

いろいろ思うのですが、自分で考えながら数個のワナを丁寧に掛けることを続けて。
それで、なんとか自分のカタチを創りあげたいなと思っています。
性に合っているとも思うので。

ところで、学んだものにはどんな種類のワナがあるのか。
まとめてみようと思いました。


①(突っ込み)
 ワイヤーを縦長の輪にしたものをけもの道に仕掛け、木の枝などで偽装する手法。

②(踏み込み 松葉 横式)
松葉バネを半分ほど地中に埋め、ケモノ道に掘った穴に踏み板を仕掛ける。踏み板にイノシシが足を載せると引き金が引かれ、斜め上向きに弾いたバネによってワイヤーが引っ張られて足を括る手法。

③(踏み込み 横式)
VPの16㎜などの塩ビパイプに圧縮バネを入れ、バネの飛び出す勢いで輪を縮めて足を括るもの。ワナ本体を地面と平行に置く手法。

④(踏み込み 縦式)
③と仕組みは同様だが、ワナ本体を地中に縦穴を掘って埋める手法。

⑤(踏み込み 引きバネ縦式)
ケモノ道に掘った穴に踏み板を仕掛け、イノシシが踏み板に足を載せると引き金が引かれ、縮むバネの力によって上方向へとワイヤーが引っ張られて足を括るという手法。

⑥(踏み込み 松葉 縦式)
②の松葉バネを、ケモノ道の近くに立てた枯れ木等に固定し、上方向にワイヤーを引っ張る方式。⑤の手法の、バネを松葉に変えただけのもの。

⑦(跳ね上げ式)
バネは⑥の手法と同じで、輪にしたワイヤーを二つケモノ道の上に置き、落ち葉等で隠す。ケヤマと呼ばれる細い糸をケモノ道に張り、イノシシの背中がその糸に当たると引き金が引かれ、足を括るというもの。


ざっと、こんなところでしょうか。

いま現在は②で獲ったものがほとんどですが、④を勉強中です。

さて、数年経ったらどのワナを使っているでしょうか。
引き金の方式も種類が多いので、これだと思える形になるまで四苦八苦が続きそうです。

ちかごろの様子。

風に身体を預けて、ゆったりと舞っていたかと思えば。
気流に乗って急上昇。

たかい空のうえ、気持ちよさそうだなーーー。





さてさて。
しばらく更新を怠っているあいだに。

いま、我が家の庭ではウメが実っています。

DSC_9985.jpg




先月の頭に、たわわに実ったさくらんぼ達。


DSC_9974.jpg


DSC_9988.jpg


DSC_9997.jpg

今年も、ハクビシンやひよどりと競争でした。
せっせと種を採ってジャム作り。
時々パンにつけては、初夏の爽やかな恵みを楽しんでいます。



果樹が植わっている庭の手前には、洗濯干場。

頂き物の、かわいい手ぬぐい達が揃って揺れています。
DSC_9751.jpg



その向こうには、ちいさな畑。
ジャガイモが収穫時期を迎えつつあり。
遅れていたエンドウの花も、次々に咲き始めました。


DSC_9732.jpg



春が終わって、もう梅雨時で。
こうして記事を書きながら。
季節は巡っているんだなぁ、ってあらためて思っています。
プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。