スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源流へ

源流へ。


流れの源へと、辿っていくと。



澄んだ水が流れていた。




P8032567_convert_20100806213059.jpg



小さな橋があり。


その上には、水面からの涼しい風が吹いていた。



P8032566_convert_20100806213002.jpg



湧き出てすこし下ったところの水は、尊いばかりに澄みきっていた。

その水面の輝きを目の当たりにすると。

爽やかな気持ちになった。



人も同じではないだろうか。

自分の原点を忘れてはいけない。

なにを大事に人生を歩んでいきたいのか。


ときに流されようとも、櫓は自分で掴んでいたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。