スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の果実

山のみちを歩いていたら。


こんなものがあったよ。






ほら、見てみて。









PB053039_convert_20101105215803.jpg



真っ赤に、たわわに実ってる。






近くで見ると、こんな感じ。


PB053043_convert_20101105215825.jpg






これは、ガマズミ。


今ごろから実が色づきはじめる、山の果実。



もう少ししたら、葉っぱは落葉して枝に実だけが残る。


でも、そうしたら実は鳥さんたちから、丸見え。


すぐに見つけられちゃう。


だから。


こんなにおいしそうなら、全部食べられちゃうかといえば。



そうでもない。

このまま、かじってみると。

とっても、酸っぱい。




そのことを知ってるんだよね、鳥さんたち。

甘くなるのを、じっと待ってる。



ただ、時間が経ったら糖度が増すかというと。

そうでもない。




これから冬になって。

厳しい冷え込みが続き。

朝、霜が降りるようになる。



そうして、霜にあたると。

実が、少ししなびてくる。

そして、強い酸味はぴゅーんと飛び去り。



ほのかな酸味と、甘みが詰まった美味しいおやつにへんしん。

その頃になると鳥さんたちが食べるためにみんな集まってくる。




同じ頃。

ぼくもコタツでぬくぬくしながら。

霜が降りる朝を、今か今かと待っているんだ。

そして、霜が降りた朝。

家を出て、目星をつけておいた樹のところへ行く。

かじかむ手に、ふぅ~と息をかけてぬくもりながら。



歩いているうちに、からだはポカポカ。






ガマズミの樹が見えてきた頃、鳥さんたちが騒いでいる声が聞こえる。

でも。

ぼくが近づくと、わ~っとみんな飛び去っていく。

でも、近くの梢から顔を出してこっちを覗いてる。



それを見ると、僕は笑顔になる。

鳥さんたちが集まっているということは、美味しい証拠だから。



そんなときは。

ただひとこと。

“ちょっとごめんよ~、ぼくにもちょーだい”とだけ言って。




実を数粒とって、口に入れる。

と。



“わ、酸っぱい!”



なんてときもある。

まだ、食べるには早すぎってことだ。

霜がもっと降りてからじゃないと、甘みが来ない。

あわてんぼうな、おいら。




はぁはぁ言いながら山を登って、ようやく辿りついたときには。

もうぜんぶ食べられちゃった後…。

なんてこともある。



でも、全部食べられてしまう前に、なんとか間に合って。

そっと口に含んだら。

甘みがじんわり広がるときもある。



そしたら、枝を数本とって家に持ち帰る。



一本は小瓶に入れて飾ると。

真っ赤な実が、玄関に映える。




もう一本の実は、果実酒に。

あとは、おやつに。



こどものころ、そんなことをしてたなぁ。







まだかなぁ。

まだかなぁ。



早く、霜が降りないかなぁ。


あんなにたわわに実ったガマズミに出会うと。

キーンと冷えた、寒い朝が待ち遠しくなります。




鳥さん、鳥さん。

ぜ~んぶ食べてしまわずに。


今年もおいらに、残しておいてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

素敵なブログーーーーーーーー!!
なんかふくちゃんのブログは、頭の中で情景が広がる!
あたしまで、ガマズミを食べた気持ちになったよ!
「ガマズミあたしも探したい!」って思わせてくれる、あったかいブログをありがとう^^

No title

私たぶんガマズミ食べたことある。
とりあえず実がなっちゅうの見たら食べるき。
でも ペッペッ ってした記憶がある。
じっと待たないかんがやね。

でもこんなにたわわなのに出会ったことないよ。

No title

ん~!!
これ、室戸で見たぁ!!
どこだったかなぁ。。。
木曜日が楽しみだぜぃ!!

No title

あやの

あら、そんな風に感じてくれたら嬉しいねぇ。
こちらこそ、ありがとう♪

No title

くみさん

お、さすが!その好奇心、大事だと思う。まだ酸っぱくて苦味もあるもんねぇ。でも、甘くなったらとっても美味しいよん。その頃にまた山に入りましょう~。

No title

はっちん

え、室戸で見たの!?おんなじやつ??そりゃ思い出さないかんで~。場所を覚えちょったら、毎年お世話になれるで。木曜は、オオスズメバチに自然薯掘りにモイカ釣りに。いっちょ楽しもうやないかい♪
プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。