スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の気配

今日のお話は、これ。




自然薯。

PB023013_convert_20101105215255.jpg




これは、

畑で栽培される、“長いも”“つくね芋”“とろろ芋”とは。

ぜ~んぜん、違う。

これらは、もとは中国原産で移入されてきたもの。





それに対して、自然薯は、天然の芋。

野性の山で育った、“山芋”のことを指す。



今、お店で流通しているものに“自然薯”と銘打っていても。

それは、畑で肥料を加えて育てたものがほとんど。

それらの見分けは簡単。



真っ直ぐなんだ。

樹の根っこも、岩もないところで育てるから。

栄養も貰って、太く見た目は立派に育つ。



最初の写真をじっと見てもらうとよく分かる。

曲がっているし、分かれている。



地中深くに伸びる途中、岩に突き当たり。

それを避けて曲がり。

伸びる途中から栄養も少なくなり、地面も固くなったから。

自分で芋を分割させて、より多くの栄養を手に入れて伸び進んだ。

自然薯のその苦労が、芋のかたちに現れている。



掘るのも、大変。

根っこはあるし、石はあるし。


でも、スコップ一本で丁寧に掘りあげる。

滴り落ちる額の汗をぬぐっては、掘り進める。

もし、無理に力をかけたら簡単に折れちゃう。


そっと、そっと。


掘っていく。





1時間近くかけて、たった一本の芋を堀りあげたら。

穴を埋める。

誰かが落ちて怪我をしないように、埋めるのは自然薯を山から頂くうえで当たり前のこと。

芋を掘って、それをせんような奴に自然薯を頂く資格はない。



その上で、自然薯の頭をポキンと折って、その場に埋める。

すると、来年の春にまた芽が出て。

数年経つとまたその場に自然薯が育つ。



人間が知恵をヘタに持つと。

自然薯を掘って、手に入れられるようになる。

でも、掘るだけだったらそれは搾取にすぎない。

資源は、どんどん減っていってしまう。

“だから、掘ったら山芋の頭を埋める。”


そうしたら、一時的に資源は減るけれどまた数年経ったら回復する。

それが、山で暮らす人の知恵と共にある掟。



さらに、自然薯を掘ったとき。

蔓を辿って、“むかご”と呼ばれる実をとる。

これ、そのまま炒って食べても美味しいのだけれど。


これを、三つ地面の中に埋めるんだ。

すると、その実から地上に芽が出て。

地下には芋が伸びて。

7年もしたら、そこに自然薯が3本生える。



そう。

その掟を守る者が山で自然薯を掘る限り。

資源は、一本掘るごとに3本増えていく。

掘れば掘るだけ、三倍になる。



持続可能性だとか、ことばじゃなく。

師匠は、その姿で見せてきてくれた。



それを受け継いだものが生きる限り。

里山の自然薯資源は、増えていく。











PB023021_convert_20101105215606.jpg






PB023016_convert_20101105215329.jpg


自然薯。

食べるとすっごく元気が出る。

何より、うまい。


苦労を重ねた方ほど人間味が、深い味があるという言葉があるように。



地中へと一生懸命伸びて。

岩にも、樹の根っこにも負けず。

生き抜く野性の自然薯だからこそ。


深い味があるのだ、と思う。

PB023025_convert_20101105215657.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あたしも掘ってみたいいいい!!!!!
んで食べてみたい!!♪

気になる

そうか、ちゃんと頭を植えるがやね。

そして、むかごを3つ
7年後3倍になる
その3ってきっと意味があるがよね
知りたいです。

No title

ayano

時間ができたら、泥がついてもよい格好で南国までおいで。
もうそろそろ、美味しくなるよ。

No title

kumiさn

うん、そうそう。
それがいちばん大事なが。
三つのお話は、また今度。
ゆっくり話しましょう~♪
プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。