スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いを、かたちに。

明けまして、おめでとうございます。





昨年は様々な出来事がありました。





いろんな方に支えて頂き、見守って頂き。

みなさんのおかげで、ひとつのことをかたちにでき。

思い返してみても、とても有り難い一年でした。


ほんとうに、ありがとうございました。



これからも、大切にしたいと思うことを大事にし。

少しずつ想いをかたちにしていきたいと思っています。

その姿勢で、何かお伝えできたらいいな。










時は正月。

雪が降り。


PC303391_convert_20110104130420.jpg




あっという間に積もり。

寒い寒い時期がやってきているのを、肌で感じました。

PC313396_convert_20110104131241.jpg





思わず、“おー寒い”と手を擦り合わせながら。

ほいでも、そろそろいけるんでないかと思い立ち。

よいしょっと“とうぐわ”を担いで実家の裏山に入り。




目を凝らし、勘を働かせ。

地表の変化を見抜き。

地下にひっそりと佇んでいる、彼の姿を追い求める。

小さな小さな変化を、竹笹の葉っぱの上下、それだけで見分けて。

ここぞ、と狙いをつけて掘っていく。

ほら、あった。


PC303374_convert_20110104125037.jpg




ただひたすら勘と技を駆使し、竹林を歩く。

そのときの僕の表情は、甘くはない。





経験を積み、見えないものが見抜けるようになり。

常識を覆し、まさかそんな、ということができるようになったとき。

しかもそれが、家族や友人に喜ばれるものだったとき。

そのとき初めて、腕に持つ技術を誇らしく思います。



PC303379_convert_20110104125349.jpg




コメヌカを入れて、火に掛ける。





P1023432_convert_20110104132318.jpg



グツグツ、グツグツ。


アクが抜けて、美味しくなりますように。






P1023434_convert_20110104132544.jpg











カツオブシとショウユで煮物に。


P1033437_convert_20110104133157.jpg





にんじんさんとごぼうさん、シイタケさんも入れて、竹の子ご飯に。

P1033438_convert_20110104133509.jpg






これが旨い、竹の子のキンピラ。


P1033436_convert_20110104132829.jpg




今の時期のタケノコは、地中深くから少しずつ伸びながら。

やがてくる春を待っている。

頭が出る前に、見つけて掘るのが技術。




イノシシはこれが、好物。

それはとてもやわらかく、旨みがあるから。

香りも、なんともいえないものがある。

それに手をそっと添えた、母の料理がうえの写真。



彼らは地中のタケノコの存在を香りで見つけ出す。

竹林は、そこらじゅう掘り返してある。

ほとんど、やられてる。

そこはプロの彼ら、にんげんが敵うはずがない。

彼らの残りを、必死に探しているのが現状。

でも、同等とまでいけなくても、なんとか家族が味わう分は毎年見つけれる。

小学生の時代から、積み上げてきた軌跡。



“お前は、イノシシのような奴だな”

という褒め言葉の裏にある、重み。





“初物食いの、75日”ということば。

母がしばしばいうから覚えている。


初物を頂くと、75日長生きができる、という意味ではなかろうか。



その言葉をそっと胸に抱いている。





かけがえのない存在へ。

“ほんもの”を届けたい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。