スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気で遊ぶ。

先日、奈良で行われたフォーラムにて。


いろんな方のお話をお聞きして、感じるところはいろいろとあったのだけれど。





そのなかで、自分に置き換えて考えてみたとき。

深く感じ入るものがあったので、思いつくものをすこし書いてみる。





“遊びを真剣に行うこと”、ということば。


それが大きく残っている。









森のみちを、歩く。

ときに転びながら、動物の足跡を追いかけてゆく。





ムラアカリをゆく のともひろさんのことばを借りると。

ケモノ道をゆく、といった感じだろうか。




_MG_2742.jpg
(*:これ以降、写真は全て友人から頂いています)






そんな山の中も、いろいろなものがあって。

こんな、僕らの腕ではぜんぜん廻らないような太い樹があって。



彼は、僕らの年齢よりも遥かに長い年月を生きていて。

だんだんと天高く伸びながら、ここで見守り続けていたのだと思うと。

そう思いを馳せるだけで、厳かな気持ちになった。




思わず抱きつくともひろさん。

_MG_2695.jpg




こんな太い樹があると。

ぎゅってしがみつきたくなる。

その気持ちが、すごく分かる。


だからぼくは、ともひろさんがすきだ。



こんな太い樹。

だからこそ、挑戦してみたくなる。



猿がいました。

以前、友人がこんな写真↑↑↑を撮ってくれたのだけれど。


そのときも、真剣に遊んでいて。

ただ、全力で遊ぶことを楽しんでいた。






このときも、一緒。

ズボンをまくり、上着を脱ぎ。

12月の頭に、裸足になり。

遥か樹上を見上げては、考える。





“無理かなぁ、全力でいかんと無理だろうなぁ”

“いけるかなぁ、いや、いけんやろ”


自問自答を繰り返し。




腹が据わるかどうか、それだけ。

中途半端な気持ちだったら、できない。




_MG_2697.jpg


こうして、自分の中でギリギリの挑戦を繰り返し。

少しずつ成長していく。

できないことをできるようになっていく。



その時間が、すき。



このときはたまたま木登りだったけれど。

遊びに真剣で、本気になる。





コツとか、腕力だとか、うまい言葉はいらなくて。

そこに“気持ち”がありさえすれば。

それでいいと思う。




いろんな遊び方を知ってて、いろんな楽しみ方を知ってて。

楽しいなぁ!!

って仲間と共に思いながら生きれるって、やっぱりいいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

師匠!いつもありがとう。笑

No title

いい写真撮るね~まったく

No title

ともひろさん

あなたにお会いできたことで、ぼくの人生は豊かになりました。また遊んでくださいね、師匠!

No title

あやさん

同感。最初のジャングルのような写真もすきです。

No title

ゆうみ先生の写真ですか!?
ほんと、いい写真:-)

おふたりさん、いつもありがとう!
また来週~!
プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。