スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊かさ。

堆肥。


実家では。


野菜の端っこや卵の殻、お茶の出がらし等々。

日々の生活で出る生ものを、毎日まとめて家の畑の横のでっかい樽(コンポスト)に入れる。

樽にはしっかりした蓋がついているけど、樽の底には穴が空いていて、直接地面と触れている。

そのおかげで、樽の中のそれらの生ゴミを、地面の微生物が分解してくれる。

毎日生ゴミは追加されるのに、樽の中身の量は変わらない。

それだけ、微生物が一生懸命分解して量を少なくしてくれている。


この周りをいつもほじくり返した。

スコップで掘って掘って、時には樽を傷つけて壊して怒られた。

それでも、掘った。

それは、そこにミミズがいたから。

樽の周りは栄養分が豊富だから、ミミズがいっぱい繁殖してる。

ミミズ掘りなんて気持ち悪いかもしれない。

でも、ミミズは釣りには最高の餌。

ウナギでも、アマゴでも。

川魚を釣るのには特効餌。

だから、一生懸命掘っていた。



生ゴミが自然の力で栄養豊富な土になり、土からミミズが生まれ、ミミズが餌になり、その餌でウナギが釣れる。

ウナギは家族の食卓に乗り、そこに笑顔が生まれる。

ほいたら、幸せやん。

なんか、いいなぁって僕は思う。


『ミミズ気持ち悪い~~』って思う人もいっぱいおると思う。

でも、こういう背景を伝えることができたら。

自然の中でミミズがいたとき。

そこに一つの物語が拡がって、その場が豊かになるような気がする。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

atsutaya

Author:atsutaya




生粋の里山育ち。


*ククリワナ猟でイノシシやシカ。
*魚釣り、時に潜りとジゴク漁。
*貝にワカメにカニに山菜。
*秋はひたすらオオスズメバチ追い。

巡る季節のなか、自然に遊んでもらいながらも真剣に。
そんな日々の暮らしを綴るブログです。

著:(これ、いなかからのお裾分けです。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。